メールアドレス:
パスワード:
メールアドレス(ID): パスワード:
文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大
メニュー 文字サイズ ログイン
3

公明党 都議会議員選挙に向けての重点政策発表会見

[2021-06-07]

令和3年6月7日(月) 16時00分~
公明党 都議会議員選挙に向けての重点政策発表会見

(場所)第一本庁舎6階記者会見室
(出席)都議会公明党 中島義雄 団長、東村邦浩 幹事長、高倉良生 政調会長


【東村幹事長】皆さんにお手元に、都議選重点政策というのをお配りいたしました。
おそらく質問等で聞かれると思いますんで先に申し上げますと、オリンピックについて、あえて書き込みをしておりませんのは、オリンピック憲章で、オリンピックの政治利用、これが禁止されております。従って、都議選という、一つの政治決戦において、政党が、政策・公約に、この東京五輪オリンピックをどうするかっていうことを書き込んでしまうと、確認をしたところ、五輪憲章に引っかかるということでしたので、あえて書いておりません。従って、まず冒頭、口頭でおそらく聞かれますので、オリンピック・パラリンピックに対する公明党の姿勢について申し上げ、重点政策に入らせて頂きたいと思います。
公明党のスタンスといたしましては、徹底した感染防止対策を実施すること。水際、選手村、そして選手の行動管理、そしてボランティアや大会スタッフ等々の徹底した感染防止対策を実施し、また、東京都、政府が今の置かれている、この新型コロナの感染状況における感染防止対策を実施して、感染状況や医療提供体制を評価した上で、国、東京都、組織委員会が判断を行い、具体的なエビデンスをもとに、都民、国民に、しっかりとした説明を行っていくべきであるというのが、公明党の今のスタンスでございます。
それでは、都議選の重点政策に入らせて頂きます。1枚紙に項目を書かせて頂きましたので、2ページから入らせて頂きたいと思います。
まずは、新型コロナウイルス感染症対策でございます。
一つ目が、ワクチン接種の加速化。これはもう皆さんも、当然のことと思われていると思いますが、現在、いわゆる区市町村が、年齢が高い人、基礎疾患ある人から、順番に、接種券をもとに接種を行っております。
もう一方、国が、いわゆる職域接種や大学の接種というのを、マトリックスのように横から、職域接種という形でやろうとしています。そういう中で、東京都はどうしていくべきなのかということを検討いたしまして、やはり、今後、5か所の大規模接種会場を設けていくのであれば、1日の感染者が最も多く、そして行動範囲も広い20代の若者から、ワクチンを接種していくべきであるというのが第1番目でございます。これについては、我々今、現場を歩いている中で、多くの、特に年齢が高い方が、特にこのことを強く仰っておりまして、自分たちは基本的にルールを守るし、家にいるので、ステイホームと言われて家にいるので、むしろ、行動範囲が広い、外に出て行かれるこういう人たちを接種した方が、感染症の数が減るんじゃないかという声を多くの方から今頂いております。我々もその通りだと思いますし、専門家の先生も、やるべきだという話をされております。
2番目、PCR検査の選択と集中。これは一貫して公明党は言って参りましたが、公明党はまず、高齢者施設、障害者施設、ここの徹底したPCR検査をやるべきだということで、昨年の10月から予算がついて任意でやるようになりました。しかしながら、施設の方ではなかなか任意では進まなかったので、今、計画的に東京都が1週間に1回、これは国の通知があって初めて動いたというのが私は実際だと思いますが、動き出しました。これによって、先ほども、討論の中で少し触れられておりましたが、高齢者施設は逆に検査をするということにより、かなりの感染防止対策を実行いたしまして、今、陽性率は0.03%という、こういうところまで逆に押さえ込んでますので、今後は、多数の飲食店を有する繁華街において、PCRを集中的に実施すべきだと、特に今、羽田空港の水際では20分でPCR検査の結果が出るようになっておりますけれども、こういう検査体制を講じて、入口や出口等で、繁華街の入口、出口または、場合によっては協力して頂けるんであれば、お店で、PCR検査をやって、陽性の方については、飲食を遠慮して頂く。むしろ、陰性であれば、時短とかもやらないで、ある程度楽しんで頂くと、こういうことと、ワクチン接種と相まって、実行されていくもんだと思いますので、手始めに今、産業労働局が準備をしてくださっています。これは緊急事態宣言が終わったら、やるという方向で今準備をしてくださっていますので、まずはモデル的にやって、その上で、その知見を生かして、繁華街すべてに広げていきたいと思っております。
三つ目は、これは新型コロナ終息後の経済対策。現時点で具体的にこうするということは今日時点でちょっと申し上げられませんが、国が、これ収束後に対策を講じて参ります。この国が対策を講じない分野や、対策を講じても不十分な分野ってのが出てくると思います。そこを、独自に対策を実施していくべきだと。かぶらないように、こういった国の経済対策がこれから打たれてくると思いますので、それを見極めて、都独自の対策を打っていきたいと思っています。
ついで、これはもう早い段階から、いろんなとこで、各議員のラインやブログ、ツイッターでも出ておりますが、改めて、今日は正式に発表させて頂きたいと思います。これは、次の4年間、この都議選終了後の4年間、公明党として取り組んでいく大きな政策目標で、前の4年間、一番大きな目標として取り組んできたのが、私立学校の年収910万までの授業料の無償化等々、いくつか取り組んで参りました。
今度はさらに、新たな視点で、チャレンジ8という形で、八つの目標と、そして三つの無償化、これを取り組みたいと思います。最初にこの三つの無償化ということでございます。
東京は、現在、日本の中で最もこの結婚された家庭が、夫婦ともに働く世代が圧倒的に多い地域が東京でございました。他方、合計特殊出生率も1.15というのが、今の東京の置かれている状況です。
やはりどうしても、この3歳からの幼児教育、そして保育料の無償化に伴って、夫婦ともに働くということは、0歳から子供を預けなきゃいけない。中には、双子の家庭もあります。こういう家庭で、0から2歳の保育料を、実は一昨年の10月に、何とかあの段階で、幼児教育の無償化の段階でやりたかったんですが、やはり財源がないということで、あの段階では第三子無償、第二子半額だったんですが、何とか今後は、第二子無償化を行い、この少子化の流れに歯止めをかけたいと思っております。
また、高校3年生までの医療費の無償化については、公明党は、中学校3年生までの所得制限つきの医療費の無償化を実現して参りました。今、これも声が出てきたのが、やっぱり進学などで教育費もかさむ、子育て家庭の負担をさらに軽減してもらいたいということで、特にアレルギーの問題。アレルギーというのは、1週間治療すれば済むという話ではなくて、年間を通して医療費が出てくるということで、高校3年生までの医療費の無償化を、所得制限をつけて目指していきたいと思います。
続きまして、肺炎球菌ワクチンの接種の無償化です。これについては、今回も予算要望で取り組んで参りました。高齢者の主な支援の一つである肺炎、この肺炎による死亡者の98%以上を65歳以上が占めております。この中での肺炎球菌というのが圧倒的な原因として取り上げられておりまして、WHOも、肺炎球菌ワクチンを接種することによって肺炎球菌による死亡を減らすということを仰っております。
ただ、東京の現在接種率は3割です。なかなか打っていない。これは5年に1回というのも一つの原因だと思いますが、やはりお話を伺っていくと、やはり、その場で通知が来て、打つとなった場合、これ8000円、9000円ってのは年金生活の人にかなり負担だということで、区市町村によっては半分負担しているところもございます。
今回、東京都は2500円まで負担して頂きました。昨年、インフルエンザワクチンを接種したときに、これは無償でやりました。そうすると、今までうってない人もみんな打ちまして、9割以上の人が打ちましたので、この高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種の無償化を目指したいと思います。
次は、がん治療の問題です。働きながら、がんの治療ができるようにするというのが、この4番目の最大の目標でして、副作用が少なく、治療時間が短い。つまり、放射線の場合は、がんの病巣以外を全部、正常な細胞も放射線は破壊してしまいます。それによって、副作用や、なかなか仕事に復帰できないという問題があります。副作用が少なく、治療時間がやはり短い、30分ぐらいで終わります。この重粒子線治療の都立病院への導入を目指したいと思います。それはですね、静岡県立病院ではすでに導入されておりまして、神奈川県立病院にもあります。千葉にもあります。この静岡県立病院で導入をされた当時の先生が今駒込におられて、この放射線治療に取り組まれてますので、様々アドバイスを受けながら、都立病院で設置をしていきたいと思っています。ただ、現在、男性のこの前立腺がんだけが保険適用なので、この保険適用も国にしっかりと、それ以外にも、特に重粒子線治療は膵臓や脾臓といった深い部分のがんにも照射ができるというメリットがありますので、これを導入に目指していきたいと思います。そして、国に保険適用も求めていきたいと思います。
5番目が、駅ホームドアの整備拡大ということで、これは原則10万人以上の駅に設置ということがあるんですが、やはり公明党としては弱者の視点に立って、盲学校や、視覚障害者が多く利用する駅、ここにホームドアをいち早く設置していきたい。私も、地元に西八王子駅というところに盲学校がありまして、お母さんから言われまして、ホームに、特急通過の際、目をつぶって立っていたんですが、やっぱり座り込んでしまいました。それくらい風圧もすごく怖かったです。そういう毎日の大変な現場に直面している、こういったハンディを持ってる方たちが多く利用する駅にも優先的に設置をし、加速化をしていきたいと思います。教育庁も積極的に、教育庁みずから動いてJRとやりとりをしてくれてますんで、都市整備局とも連携しながら、加速をしていきたいと思います。
6番目が、これは、この、都市インフラの中で最も東京が脆弱である、首都高速道路の境目にある料金所、これがボトルネックとなり、交通渋滞を引き起こした。東京の一番の欠点はこの高速道路が、高速道路でなくて大渋滞引き起こしてるってことで、特に朝晩。原因はこの料金所です。ETCが使えると言っても、減速をするわけです20キロ。そうすると、渋滞を引き起こします。国は、都市部については5年以内にETCの義務化を実施する方針を打ち出しました。それに合わせて、高速道路上にある7か所の料金所、特に一番渋滞しているのが永福なんで、永福を中心に三鷹、志村、大泉等を撤廃していきたいと思います。現金の人はどうするんだという声がありましたので、いわゆるパスモやスイカみたいな形で、デポジットのカードを作って、ETCで読み込んでいくと、こういうことを、国交省ともやり、現在、2万円だったデポジットのお金を3000円まで引き下げてくれてます。こういうことをやってきたいと思います。
最後のページです。7番目保護つき、動物愛護センターの設置。犬や猫の真の殺処分をなくすためいわゆる、殺処分ゼロと言っても、今福祉的処分が行われております。
これはカウントに入れてません。こういった殺処分を、真の殺処分をゼロにするため、福祉的な、治療もしっかりやりながら保護から譲渡まで。都民に開かれた東京都動物愛護センターを新設していきます。ここにはガス室を作りません。また、ケージで管理するというよりは、広い土地で、この犬や猫がこう走り回れるような環境を作って、また、一時的な避難のシェルターを設置していきたいと思ってます。
最後に、8番目に地下調節池設置の整備促進。高倉政調会長のところが一番、今この恩恵を受けていると思いますが、環七の地下調節池設置に、これを作ったおかげで善福寺川、妙正寺川、あと神田川が今、本当に氾濫しなくなりました。今度は、いわゆる上の方にある、この地下調節池設置と、環七のところを結んで最大の地下調節池を作るとともに、多摩も含めた10か所に調整地を新設し、何とか2030年までに、完成をしていきたい。これは本当に私も視察をしましたが、ものすごい良い発想で、すぐれたものだと思いました。日本が持っている最大の、土木工事のインフラ技術だと思いますので、これによって、今後やってくる、おそらく東京は首都直下地震もそうですが、水害による被害がやっぱり毎年のようにやってくると思いますので、これを加速化したいと思います。
最後に、身を切る改革の継続でございます。5年前に、公明党は、身を切る改革をということで、議員報酬の2割削減、政務活動費の10万円の削減、いわゆる交通費という名ばかりの不透明な費用弁償制度、これの廃止を掲げて、各会派と調整してきました。それによって、一時はなかなか意見が合わないということで、今までの協力関係を解消した部分もありましたが、最終的には全会派一致でこれが通りました。
中には3割削減だとか、25%とか、バナナのたたき売りみたいな状況になりましたが、最終的に当初提案した2割に落ち着きまして、これをやり続けて参りました。おかげさまで、27億の新たな、この財源を生み出すことができました。これを、今後ずっと継続していくということを最後に目標に掲げさせていただいて、これから23名、都議選に挑戦をして参りたいと思います。
どうもありがとうございました。

令和3年6月7日(月) 16時00分~
公明党 都議会議員選挙に向けての重点政策発表会見

(場所)第一本庁舎6階記者会見室
(出席)都議会公明党 中島義雄 団長、東村邦浩 幹事長、高倉良生 政調会長


【東村幹事長】皆さんにお手元に、都議選重点政策というのをお配りいたしました。
おそらく質問等で聞かれると思いますんで先に申し上げますと、オリンピックについて、あえて書き込みをしておりませんのは、オリンピック憲章で、オリンピックの政治利用、これが禁止されております。従って、都議選という、一つの政治決戦において、政党が、政策・公約に、この東京五輪オリンピックをどうするかっていうことを書き込んでしまうと、確認をしたところ、五輪憲章に引っかかるということでしたので、あえて書いておりません。従って、まず冒頭、口頭でおそらく聞かれますので、オリンピック・パラリンピックに対する公明党の姿勢について申し上げ、重点政策に入らせて頂きたいと思います。
公明党のスタンスといたしましては、徹底した感染防止対策を実施すること。水際、選手村、そして選手の行動管理、そしてボランティアや大会スタッフ等々の徹底した感染防止対策を実施し、また、東京都、政府が今の置かれている、この新型コロナの感染状況における感染防止対策を実施して、感染状況や医療提供体制を評価した上で、国、東京都、組織委員会が判断を行い、具体的なエビデンスをもとに、都民、国民に、しっかりとした説明を行っていくべきであるというのが、公明党の今のスタンスでございます。
それでは、都議選の重点政策に入らせて頂きます。1枚紙に項目を書かせて頂きましたので、2ページから入らせて頂きたいと思います。
まずは、新型コロナウイルス感染症対策でございます。
一つ目が、ワクチン接種の加速化。これはもう皆さんも、当然のことと思われていると思いますが、現在、いわゆる区市町村が、年齢が高い人、基礎疾患ある人から、順番に、接種券をもとに接種を行っております。
もう一方、国が、いわゆる職域接種や大学の接種というのを、マトリックスのように横から、職域接種という形でやろうとしています。そういう中で、東京都はどうしていくべきなのかということを検討いたしまして、やはり、今後、5か所の大規模接種会場を設けていくのであれば、1日の感染者が最も多く、そして行動範囲も広い20代の若者から、ワクチンを接種していくべきであるというのが第1番目でございます。これについては、我々今、現場を歩いている中で、多くの、特に年齢が高い方が、特にこのことを強く仰っておりまして、自分たちは基本的にルールを守るし、家にいるので、ステイホームと言われて家にいるので、むしろ、行動範囲が広い、外に出て行かれるこういう人たちを接種した方が、感染症の数が減るんじゃないかという声を多くの方から今頂いております。我々もその通りだと思いますし、専門家の先生も、やるべきだという話をされております。
2番目、PCR検査の選択と集中。これは一貫して公明党は言って参りましたが、公明党はまず、高齢者施設、障害者施設、ここの徹底したPCR検査をやるべきだということで、昨年の10月から予算がついて任意でやるようになりました。しかしながら、施設の方ではなかなか任意では進まなかったので、今、計画的に東京都が1週間に1回、これは国の通知があって初めて動いたというのが私は実際だと思いますが、動き出しました。これによって、先ほども、討論の中で少し触れられておりましたが、高齢者施設は逆に検査をするということにより、かなりの感染防止対策を実行いたしまして、今、陽性率は0.03%という、こういうところまで逆に押さえ込んでますので、今後は、多数の飲食店を有する繁華街において、PCRを集中的に実施すべきだと、特に今、羽田空港の水際では20分でPCR検査の結果が出るようになっておりますけれども、こういう検査体制を講じて、入口や出口等で、繁華街の入口、出口または、場合によっては協力して頂けるんであれば、お店で、PCR検査をやって、陽性の方については、飲食を遠慮して頂く。むしろ、陰性であれば、時短とかもやらないで、ある程度楽しんで頂くと、こういうことと、ワクチン接種と相まって、実行されていくもんだと思いますので、手始めに今、産業労働局が準備をしてくださっています。これは緊急事態宣言が終わったら、やるという方向で今準備をしてくださっていますので、まずはモデル的にやって、その上で、その知見を生かして、繁華街すべてに広げていきたいと思っております。
三つ目は、これは新型コロナ終息後の経済対策。現時点で具体的にこうするということは今日時点でちょっと申し上げられませんが、国が、これ収束後に対策を講じて参ります。この国が対策を講じない分野や、対策を講じても不十分な分野ってのが出てくると思います。そこを、独自に対策を実施していくべきだと。かぶらないように、こういった国の経済対策がこれから打たれてくると思いますので、それを見極めて、都独自の対策を打っていきたいと思っています。
ついで、これはもう早い段階から、いろんなとこで、各議員のラインやブログ、ツイッターでも出ておりますが、改めて、今日は正式に発表させて頂きたいと思います。これは、次の4年間、この都議選終了後の4年間、公明党として取り組んでいく大きな政策目標で、前の4年間、一番大きな目標として取り組んできたのが、私立学校の年収910万までの授業料の無償化等々、いくつか取り組んで参りました。
今度はさらに、新たな視点で、チャレンジ8という形で、八つの目標と、そして三つの無償化、これを取り組みたいと思います。最初にこの三つの無償化ということでございます。
東京は、現在、日本の中で最もこの結婚された家庭が、夫婦ともに働く世代が圧倒的に多い地域が東京でございました。他方、合計特殊出生率も1.15というのが、今の東京の置かれている状況です。
やはりどうしても、この3歳からの幼児教育、そして保育料の無償化に伴って、夫婦ともに働くということは、0歳から子供を預けなきゃいけない。中には、双子の家庭もあります。こういう家庭で、0から2歳の保育料を、実は一昨年の10月に、何とかあの段階で、幼児教育の無償化の段階でやりたかったんですが、やはり財源がないということで、あの段階では第三子無償、第二子半額だったんですが、何とか今後は、第二子無償化を行い、この少子化の流れに歯止めをかけたいと思っております。
また、高校3年生までの医療費の無償化については、公明党は、中学校3年生までの所得制限つきの医療費の無償化を実現して参りました。今、これも声が出てきたのが、やっぱり進学などで教育費もかさむ、子育て家庭の負担をさらに軽減してもらいたいということで、特にアレルギーの問題。アレルギーというのは、1週間治療すれば済むという話ではなくて、年間を通して医療費が出てくるということで、高校3年生までの医療費の無償化を、所得制限をつけて目指していきたいと思います。
続きまして、肺炎球菌ワクチンの接種の無償化です。これについては、今回も予算要望で取り組んで参りました。高齢者の主な支援の一つである肺炎、この肺炎による死亡者の98%以上を65歳以上が占めております。この中での肺炎球菌というのが圧倒的な原因として取り上げられておりまして、WHOも、肺炎球菌ワクチンを接種することによって肺炎球菌による死亡を減らすということを仰っております。
ただ、東京の現在接種率は3割です。なかなか打っていない。これは5年に1回というのも一つの原因だと思いますが、やはりお話を伺っていくと、やはり、その場で通知が来て、打つとなった場合、これ8000円、9000円ってのは年金生活の人にかなり負担だということで、区市町村によっては半分負担しているところもございます。
今回、東京都は2500円まで負担して頂きました。昨年、インフルエンザワクチンを接種したときに、これは無償でやりました。そうすると、今までうってない人もみんな打ちまして、9割以上の人が打ちましたので、この高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種の無償化を目指したいと思います。
次は、がん治療の問題です。働きながら、がんの治療ができるようにするというのが、この4番目の最大の目標でして、副作用が少なく、治療時間が短い。つまり、放射線の場合は、がんの病巣以外を全部、正常な細胞も放射線は破壊してしまいます。それによって、副作用や、なかなか仕事に復帰できないという問題があります。副作用が少なく、治療時間がやはり短い、30分ぐらいで終わります。この重粒子線治療の都立病院への導入を目指したいと思います。それはですね、静岡県立病院ではすでに導入されておりまして、神奈川県立病院にもあります。千葉にもあります。この静岡県立病院で導入をされた当時の先生が今駒込におられて、この放射線治療に取り組まれてますので、様々アドバイスを受けながら、都立病院で設置をしていきたいと思っています。ただ、現在、男性のこの前立腺がんだけが保険適用なので、この保険適用も国にしっかりと、それ以外にも、特に重粒子線治療は膵臓や脾臓といった深い部分のがんにも照射ができるというメリットがありますので、これを導入に目指していきたいと思います。そして、国に保険適用も求めていきたいと思います。
5番目が、駅ホームドアの整備拡大ということで、これは原則10万人以上の駅に設置ということがあるんですが、やはり公明党としては弱者の視点に立って、盲学校や、視覚障害者が多く利用する駅、ここにホームドアをいち早く設置していきたい。私も、地元に西八王子駅というところに盲学校がありまして、お母さんから言われまして、ホームに、特急通過の際、目をつぶって立っていたんですが、やっぱり座り込んでしまいました。それくらい風圧もすごく怖かったです。そういう毎日の大変な現場に直面している、こういったハンディを持ってる方たちが多く利用する駅にも優先的に設置をし、加速化をしていきたいと思います。教育庁も積極的に、教育庁みずから動いてJRとやりとりをしてくれてますんで、都市整備局とも連携しながら、加速をしていきたいと思います。
6番目が、これは、この、都市インフラの中で最も東京が脆弱である、首都高速道路の境目にある料金所、これがボトルネックとなり、交通渋滞を引き起こした。東京の一番の欠点はこの高速道路が、高速道路でなくて大渋滞引き起こしてるってことで、特に朝晩。原因はこの料金所です。ETCが使えると言っても、減速をするわけです20キロ。そうすると、渋滞を引き起こします。国は、都市部については5年以内にETCの義務化を実施する方針を打ち出しました。それに合わせて、高速道路上にある7か所の料金所、特に一番渋滞しているのが永福なんで、永福を中心に三鷹、志村、大泉等を撤廃していきたいと思います。現金の人はどうするんだという声がありましたので、いわゆるパスモやスイカみたいな形で、デポジットのカードを作って、ETCで読み込んでいくと、こういうことを、国交省ともやり、現在、2万円だったデポジットのお金を3000円まで引き下げてくれてます。こういうことをやってきたいと思います。
最後のページです。7番目保護つき、動物愛護センターの設置。犬や猫の真の殺処分をなくすためいわゆる、殺処分ゼロと言っても、今福祉的処分が行われております。
これはカウントに入れてません。こういった殺処分を、真の殺処分をゼロにするため、福祉的な、治療もしっかりやりながら保護から譲渡まで。都民に開かれた東京都動物愛護センターを新設していきます。ここにはガス室を作りません。また、ケージで管理するというよりは、広い土地で、この犬や猫がこう走り回れるような環境を作って、また、一時的な避難のシェルターを設置していきたいと思ってます。
最後に、8番目に地下調節池設置の整備促進。高倉政調会長のところが一番、今この恩恵を受けていると思いますが、環七の地下調節池設置に、これを作ったおかげで善福寺川、妙正寺川、あと神田川が今、本当に氾濫しなくなりました。今度は、いわゆる上の方にある、この地下調節池設置と、環七のところを結んで最大の地下調節池を作るとともに、多摩も含めた10か所に調整地を新設し、何とか2030年までに、完成をしていきたい。これは本当に私も視察をしましたが、ものすごい良い発想で、すぐれたものだと思いました。日本が持っている最大の、土木工事のインフラ技術だと思いますので、これによって、今後やってくる、おそらく東京は首都直下地震もそうですが、水害による被害がやっぱり毎年のようにやってくると思いますので、これを加速化したいと思います。
最後に、身を切る改革の継続でございます。5年前に、公明党は、身を切る改革をということで、議員報酬の2割削減、政務活動費の10万円の削減、いわゆる交通費という名ばかりの不透明な費用弁償制度、これの廃止を掲げて、各会派と調整してきました。それによって、一時はなかなか意見が合わないということで、今までの協力関係を解消した部分もありましたが、最終的には全会派一致でこれが通りました。
中には3割削減だとか、25%とか、バナナのたたき売りみたいな状況になりましたが、最終的に当初提案した2割に落ち着きまして、これをやり続けて参りました。おかげさまで、27億の新たな、この財源を生み出すことができました。これを、今後ずっと継続していくということを最後に目標に掲げさせていただいて、これから23名、都議選に挑戦をして参りたいと思います。
どうもありがとうございました。





所属議員を選択してください。

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京 台東区 江東区 墨田区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 清瀬市 東久留米市 西東京市 東村山市 小平市 武蔵野市 八王子市 立川市 三鷹市 府中市 昭島市 調布市 町田市 小金井市 日野市 国分寺市 国立市 狛江市 東大和市 武蔵村山市 多摩市 稲城市 青梅市 福生市 羽村市 あきる野市 瑞穂町 日の出町 桧原村 奥多摩町 大島町 八丈町 利島村 新島村 神津島村 三宅村 御蔵島村 青ヶ島村 小笠原村 都議会 国会
【当選御礼】
7/4(日)に投票が行われた東京都議会議員選挙で、公明党候補23名が全員当選致しました。
大変にありがとうございました。皆様の真心からのご支援を心から感謝申し上げます。

議員検索

東京都本部所属の公明党議員を検索できます(国会議員、都議会議員、市区町村議員)




プライバシーポリシー

公明党は、利用者の皆さまが公明党ウェブサイトを安心してご利用いただけるよう、個人情報の取り扱いに関するガイドラインを設けました。

公明党ウェブサイトでは、投稿フォームなどを通じて、利用者の皆さまから同意をいただいた上で個人情報を登録していただくことがあります。
これらの情報はいずれも、利用者の皆さまのご本人確認や公明党としての政治活動への反映を目的とするほか、公明党ウェブサイトのサービスをより良くするためのアンケート、各種お知らせなどの発信をさせていただくこともございますが、登録された情報を党外の第三者に開示、提供するものではありません。
公明党は登録していただいた個人情報を細心の注意をもって管理しています。

・個人情報の取り扱いについて
利用者の本人確認、連絡などに必要な個人情報

書籍、新聞等の各種申し込み
ご意見・ご要望の投稿
ダウンロードサービスの利用
サイト内の投稿企画への投稿
公明党ウェブサイト内の上記サービスをご利用になる際に、氏名やメールアドレスなどの個人情報を登録していただくことがあります。これらの個人情報は、本人確認やメール配信、あるいはサービスの向上を目的とする情報です。

書籍、新聞等の各種申し込み
公明党ウェブサイトでは、書籍や公明新聞、講演会等の各種申込を受付けています。その際に個人情報の提供をお願いすることがあります。入力された情報は、申し込み者を特定したり、当選・受賞を連絡したりするために用いられます。

投書、投稿
寄せられるご意見の多くは、ご利用者の声を公明党ウェブサイトだけでなく、政治活動、党活動、新聞紙面にも反映させるために、公明党所属議員、公明党本部関係部局、公明新聞関係各部局などにも転送されます。公明党ウェブサイトでは、ご意見や、記事転載・リンク等のお申し込みをいただく際は、氏名や住所などを明記していただくことを原則としています。これは、事実関係などについてご本人に確認する必要があるほか、投書の内容について責任を持っていただくためです。

これらの実名情報は、公明党の担当部門が投書内容の確認などをするときに利用させていただきます。実名情報は、それぞれの担当部門が責任をもって管理し、党外に出すことはありません。

なお、公明党ウェブサイト内の個別のページで募集し、掲載されることを前提として個別のページあてに寄せられたメールや投稿は、それぞれのページに掲載され、読者の目に触れることがあります。こうした投稿の掲載により公開された個人情報については、公明党の管理からは離れることになります。

ユーザー属性の扱いについて

公明党ウェブサイトの多くのページは、住所、氏名、年齢、職業などの個人情報の登録を必要とせず、自由に閲覧できます。公明党ウェブサイトでは、ご利用者の方に無断で、ご利用者の電子メールアドレスや個人を特定できる情報を収集することはありません。さらに、個人情報提供者の同意なしに個人データそのものを党外の第三者に提供したりすることはありません。

ただし、公明党ウェブサイトおよびサーバーに対する悪質な攻撃を受けた場合は、アクセス状況を追跡して、その個人を特定いたします。


・セキュリティについて
ご利用者の個人情報については、ご利用者の個人情報保護およびセキュリティのため、データ伝送を保護する上で業界標準のSSL暗号技術を使用しています。

・個人情報保護の考え方の改訂について
今後、公明党は個人情報保護の考え方の全部、または一部を改訂することがあります。
個人情報の取り扱いについて
公明党のウェブサイトにおける個人情報保護の考え方について、ご質問やご意見がございましたら、こちらまでお問い合わせください。


ご利用規約

・著作権について

記事、写真、表、グラフなど、公明党ホームページで提供されるコンテンツの一部または全部を、著作権法第30条に規定する「私的使用」以外の目的で複製することはできません。またコンテンツの一部、または全部を著作権者の許諾を得ずに複製のうえ、社内のLANなどで配信することも違法行為となります。


・免責事項

公明党は、このホームページへのアクセスにおいては、パソコン上の各種エラーやコンピュータ・ウィルス汚染の危険がないこと等について、何らの保証も負うものではありません。また、このホームページへアクセスしたこと、もしくはアクセスできなかったこと等を理由として生じるいかなる損害についても何らの責任もお引き受けいたしかねます。

公明党は、このホームページへリンクしている第三者のウェブサイトまたはこのホームページがリンクを設けている第三者のウェブサイトの内容については、責任を負うものではありません。また、第三者のウェブサイトのご利用にあたっては、各ウェブサイトのご利用条件に従って行なってください。


・リンクの許諾、リンクサイト

公明党のホームページへのリンクを希望する方は、公明党本部までご一報いただければ幸いです。公明党ホームページで公開する情報の信頼性が害される恐れがあると公明党が判断した場合は、リンクをお断りすることもあります。


・禁止事項

本ホームページのご利用に際し、次の行為をしてはならないものとします。

第三者もしくは公明党の財産もしくはプライバシー等を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
第三者もしくは公明党に、不利益もしくは損害を与える行為、またはその恐れのある行為。
公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為。
犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはその恐れのある行為。
他人の電子メールアドレスを登録する等、虚偽の申告、届出を行なう行為。
営業活動もしくは営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。
第三者もしくは公明党の名誉もしくは信用を毀損する行為。
コンピュータ・ウィルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはその恐れのある行為。
その他、法律、法令もしくは条例に違反する行為、またはその恐れのある行為。
その他、公明党が不適切と判断する行為。


・情報の取り扱い

公明党は、このホームページを通じ、利用者の秘密情報や財産的価値のある情報を頂戴することは遠慮させて頂いております。利用者は公明党に対してこれらの情報をお送りにならないよう、お願い致します。

公明党は、利用者がこのウェブサイトを通じ公明党にお送りになった上記の情報を秘密として保持する義務を一切負いません。


・ご利用条件の考え方の改訂について


今後、公明党はご利用条件の考え方の全部、または一部を改訂することがあります。

・準拠法、管轄裁判所

この合意は日本法に準拠します。このサイトまたは合意内容に関しての紛争は、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。


■公明党東京都本部 役員一覧■

2020.10.8現在
/index.php?action_TopIndexPC=true&page=3&a=14763&p=
代表 高木 陽介
代表代行 高木 美智代
  中嶋 義雄
副代表 竹谷 とし子
  岡本 三成
  塩田 博昭
  長橋  桂一
  東村 邦浩
  松葉 多美子
幹事長 小磯  善彦
幹事長代理 橘  正剛
  谷村 孝彦
副幹事長 高倉 良生
  中山 信行
  栗林 のり子
  伊藤  興一
  河西 宏一
幹事会会長 藤井 一
幹事会会長代理 上野 和彦



■公明党東京都本部 役員一覧■

代表高木 陽介
代表代行高木 美智代
代表代行中嶋 義雄
副代表竹谷 とし子
副代表岡本 三成
副代表長橋  桂一
副代表東村 邦浩
副代表松葉 多美子
幹事長小磯  善彦
幹事会会長藤井 一
幹事会会長代理上野 和彦
幹事長代理橘  正剛
幹事長代理谷村 孝彦
副幹事長高倉 良生
副幹事長栗林 のり子
副幹事長伊藤  興一



東京公明についてのご案内

東京公明は、党員の皆様が公明党や所属議員の活動などについての【正確な情報】をお伝えすると共に、日常の活動を楽しく、活発に行って頂く為の情報ツールとして運営しております。


公明党のウェブサイトにおける個人情報保護の考え方について、ご質問やご意見がございましたら、こちらまでお問い合わせください。


ネット党員登録のご案内
すでに党員登録をお済の方で、ネット党員登録手続きを行って頂きますと、専用コンテンツ(情報)が閲覧出来たり、情報の投稿が可能になります。

登録は簡単!
是非、ご登録をお願い致します。

お役立ちリンク

お役立ちリンク


Copyright(C) 2013 tokyokomei. All Rights Reserved.
ページの先頭へ