メールアドレス:
パスワード:
メールアドレス(ID): パスワード:
文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大
メニュー 文字サイズ ログイン
3

消費税率10%と軽減税率 実施まで1年 京都女子大学 橘木俊詔客員教授に聞く

[2018-10-27]

消費税率10%と軽減税率 実施まで1年
京都女子大学 橘木俊詔客員教授に聞く

たちばなき・としあき 1943年生まれ。大阪大学大学院修士課程修了、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了。京都大学教授、同志社大学教授などを経て現職。専門は労働経済学、公共経済学。著書に『21世紀日本の格差』(岩波書店)など。
安倍晋三首相は15日の臨時閣議で、来年10月の消費税率10%への引き上げを予定通り実施することを表明した。消費税率引き上げの背景や、日本経済への影響、飲食料品などの税率を低く抑える軽減税率の効果について、京都女子大学の橘木俊詔客員教授に聞いた。

教育、社会保障を充実
格差是正 経済の好循環生み出す
進む少子高齢化

――安倍首相が来年10月に消費税率を10%に引き上げることを表明した。

橘木俊詔客員教授 消費税率10%への引き上げが予定されていた2015年10月、17年4月は、経済への影響を懸念して先送りになった。国民の間には「今回も先送りされるのではないか」との見方があり、19年10月の予定通りの引き上げを、早い段階で表明したのは妥当な判断だと言える。

少子高齢化の進展に伴い、1990年度は11.5兆円だった日本の社会保障費は、今年度には32.9兆円と約3倍に増加し、社会保障を維持するためには、消費税収の増加がどうしても必要だ。

また、国の借金返済も重要だ。今や日本は、先進国随一の赤字財政であり、この借金返済に対して増収分の、およそ半分が充てられる。消費税率引き上げによる社会保障の財源確保も、財政赤字を小さくすることになる。

――消費税率引き上げによる日本経済への影響が懸念されるが。

橘木 一時的に消費が落ち込み、経済に悪影響を与える可能性もあるが、消費税率の引き上げがもたらす経済的な影響は中長期的な視点で見た方が良い。

今回の増収分は年金、医療、介護の充実に加え、幼児教育無償化や給付型奨学金の拡充などにも充てられ、低所得者に恩恵が届く。つまり、福祉や教育分野への支出が減ることで、実質的にその人たちの所得が向上する。低所得者は、経済的な理由で、生活に必要な商品・サービスの購入を抑えている場合があり、所得が増えれば、消費を増やす行動に出やすい。このため、社会保障の充実は、個人消費の増加と経済の好循環につながり、経済成長にも貢献するはずだ。

一方、日頃、福祉の充実を訴える政党が、消費税率引き上げに反対しているが、財源をどこから持ってくるのだろうか。反対する前に、財源案をはっきりと提示すべきではないか。

――財源を確保する選択肢として、なぜ、消費税が有効なのか。

橘木 消費税は、税を負担する人と、国などに納税する人が異なる「間接税」であり、広い範囲で浅く国民に負担をお願いするものだ。所得税や法人税など「直接税」を引き上げるよりも、日本経済への悪影響が少ない。例えば、所得税や法人税などが極端に高くなると、企業や現役世代の勤労意欲や投資意欲を低下させてしまうだろう。

また、現在の社会保障制度は高齢者に手厚い配分がなされている。教育分野の財源にも充てられる消費税を払うことで、高齢者も若年世代を支える姿を見せることができ、現役世代の不公平感の解消につながる。「直接税」の引き上げでは、若年世代の負担感が強まるだけだ。

飲食料品減額が効果的
8%へ軽減 低所得者こそ恩恵受ける
負担緩和策
――消費税には、低所得者ほど負担が重くなる「逆進性」の課題がある。

橘木 10%引き上げと同時に実施される軽減税率が逆進性の緩和に一番効果的だと考えている。

軽減税率は、飲食料品を購入する金額が大きくなる高所得者の方が優遇され、逆進性の緩和にならないという批判があるが、私はこの批判には賛成できない。確かに高所得者の方が軽減される額は大きくなるが、「所得に占める飲食料品額の割合」という視点では低所得者の方が飲食料品への支出が多く、実質的な負担が大きいからだ。軽減税率は、低所得者こそ恩恵を受ける。

あえて言うならば、標準税率10%と軽減税率8%の差が小さいので、その恩恵が小さくなっているという見方はできる。標準税率は20%だが、食料品は0%に抑えている英国の例もある。

それでも、来年10月に軽減税率が実施される意義は大きい。軽減税率が日本に根付けば、飲食料品にかかる消費税率を引き下げる議論もあり得るだろう。飲食料品の税率と標準税率の差が5%以上になれば、低所得者に大きな利点があることが、より鮮明になる。軽減税率は逆進性の緩和にならない、という批判は当たらない。

――負担軽減策として給付つき税額控除(メモ)も議論されていた。

橘木 給付つき税額控除は、正確に所得を把握できて初めて効果を発揮する制度だが、今の日本社会では正確な所得把握は難しい。むしろ、不公平になる可能性もあり、現状では給付つき税額控除は実現困難だ。

また、これまで低所得者対策として実施されてきた給付制度の申請率は高いとは言えないことも課題だ。一方、軽減税率は手続きの必要はなく、誰もが公平に恩恵を受けることができる点でも優れている。

軽減税率は、公明党が導入を粘り強く働き掛けた結果、実現される。低所得者に恩恵が届く、非常に良い制度だと思っている。

(メモ)給付つき税額控除 低所得者のうち所得税などの納税者には減税し、減税しきれない納税者や課税最低限以下の所得の人には現金を給付する制度。



インボイス 定着必要
世界で普及、公平な税負担に有効
複数税率への対応

――軽減税率実施に伴って、事業者の納税事務負担が増える点については。

橘木 標準税率10%と軽減税率8%に分けた納税事務が必要になり、事業者の負担は重くなるが、その負担を和らげるため、最初の4年間は、現行方式を基にした「簡素な経理方式」など経過措置が盛り込まれている。負担軽減策として配慮されていると言えよう。

引き上げから4年後に導入されるインボイス(適格請求書)制度は複数税率の納税事務に対応可能で、公平な徴税ができるメリットが大きいことを強調したい。

そもそも、消費税は売り上げから仕入れを控除した部分(付加価値)に課税するもので、多重課税を防ぐため、仕入れ時に払っている消費税を控除できる仕組みだ。事業者が品目ごとに消費税率を記載するインボイスの導入で、事業者間の取り引きが明確になり、各事業者が公平に消費税を負担することになる。国に納めるべき消費税が事業者の手元に残る益税を防ぐこともできる。

――今後、取り組むべき課題は。

橘木 日本で、インボイス制度を定着させる必要がある。本格的に導入されるまで、国は徹底してサポートしてほしい。欧州連合(EU)では、食料品で言えば、加盟28カ国中、23カ国が軽減税率を導入している(18年1月現在)。EUでは、広くインボイスが普及しており、「世界標準」の制度と言えよう。日本だけが導入できないという論理は通用しない。

消費税率10%と軽減税率 実施まで1年
京都女子大学 橘木俊詔客員教授に聞く

たちばなき・としあき 1943年生まれ。大阪大学大学院修士課程修了、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了。京都大学教授、同志社大学教授などを経て現職。専門は労働経済学、公共経済学。著書に『21世紀日本の格差』(岩波書店)など。
安倍晋三首相は15日の臨時閣議で、来年10月の消費税率10%への引き上げを予定通り実施することを表明した。消費税率引き上げの背景や、日本経済への影響、飲食料品などの税率を低く抑える軽減税率の効果について、京都女子大学の橘木俊詔客員教授に聞いた。

教育、社会保障を充実
格差是正 経済の好循環生み出す
進む少子高齢化

――安倍首相が来年10月に消費税率を10%に引き上げることを表明した。

橘木俊詔客員教授 消費税率10%への引き上げが予定されていた2015年10月、17年4月は、経済への影響を懸念して先送りになった。国民の間には「今回も先送りされるのではないか」との見方があり、19年10月の予定通りの引き上げを、早い段階で表明したのは妥当な判断だと言える。

少子高齢化の進展に伴い、1990年度は11.5兆円だった日本の社会保障費は、今年度には32.9兆円と約3倍に増加し、社会保障を維持するためには、消費税収の増加がどうしても必要だ。

また、国の借金返済も重要だ。今や日本は、先進国随一の赤字財政であり、この借金返済に対して増収分の、およそ半分が充てられる。消費税率引き上げによる社会保障の財源確保も、財政赤字を小さくすることになる。

――消費税率引き上げによる日本経済への影響が懸念されるが。

橘木 一時的に消費が落ち込み、経済に悪影響を与える可能性もあるが、消費税率の引き上げがもたらす経済的な影響は中長期的な視点で見た方が良い。

今回の増収分は年金、医療、介護の充実に加え、幼児教育無償化や給付型奨学金の拡充などにも充てられ、低所得者に恩恵が届く。つまり、福祉や教育分野への支出が減ることで、実質的にその人たちの所得が向上する。低所得者は、経済的な理由で、生活に必要な商品・サービスの購入を抑えている場合があり、所得が増えれば、消費を増やす行動に出やすい。このため、社会保障の充実は、個人消費の増加と経済の好循環につながり、経済成長にも貢献するはずだ。

一方、日頃、福祉の充実を訴える政党が、消費税率引き上げに反対しているが、財源をどこから持ってくるのだろうか。反対する前に、財源案をはっきりと提示すべきではないか。

――財源を確保する選択肢として、なぜ、消費税が有効なのか。

橘木 消費税は、税を負担する人と、国などに納税する人が異なる「間接税」であり、広い範囲で浅く国民に負担をお願いするものだ。所得税や法人税など「直接税」を引き上げるよりも、日本経済への悪影響が少ない。例えば、所得税や法人税などが極端に高くなると、企業や現役世代の勤労意欲や投資意欲を低下させてしまうだろう。

また、現在の社会保障制度は高齢者に手厚い配分がなされている。教育分野の財源にも充てられる消費税を払うことで、高齢者も若年世代を支える姿を見せることができ、現役世代の不公平感の解消につながる。「直接税」の引き上げでは、若年世代の負担感が強まるだけだ。

飲食料品減額が効果的
8%へ軽減 低所得者こそ恩恵受ける
負担緩和策
――消費税には、低所得者ほど負担が重くなる「逆進性」の課題がある。

橘木 10%引き上げと同時に実施される軽減税率が逆進性の緩和に一番効果的だと考えている。

軽減税率は、飲食料品を購入する金額が大きくなる高所得者の方が優遇され、逆進性の緩和にならないという批判があるが、私はこの批判には賛成できない。確かに高所得者の方が軽減される額は大きくなるが、「所得に占める飲食料品額の割合」という視点では低所得者の方が飲食料品への支出が多く、実質的な負担が大きいからだ。軽減税率は、低所得者こそ恩恵を受ける。

あえて言うならば、標準税率10%と軽減税率8%の差が小さいので、その恩恵が小さくなっているという見方はできる。標準税率は20%だが、食料品は0%に抑えている英国の例もある。

それでも、来年10月に軽減税率が実施される意義は大きい。軽減税率が日本に根付けば、飲食料品にかかる消費税率を引き下げる議論もあり得るだろう。飲食料品の税率と標準税率の差が5%以上になれば、低所得者に大きな利点があることが、より鮮明になる。軽減税率は逆進性の緩和にならない、という批判は当たらない。

――負担軽減策として給付つき税額控除(メモ)も議論されていた。

橘木 給付つき税額控除は、正確に所得を把握できて初めて効果を発揮する制度だが、今の日本社会では正確な所得把握は難しい。むしろ、不公平になる可能性もあり、現状では給付つき税額控除は実現困難だ。

また、これまで低所得者対策として実施されてきた給付制度の申請率は高いとは言えないことも課題だ。一方、軽減税率は手続きの必要はなく、誰もが公平に恩恵を受けることができる点でも優れている。

軽減税率は、公明党が導入を粘り強く働き掛けた結果、実現される。低所得者に恩恵が届く、非常に良い制度だと思っている。

(メモ)給付つき税額控除 低所得者のうち所得税などの納税者には減税し、減税しきれない納税者や課税最低限以下の所得の人には現金を給付する制度。



インボイス 定着必要
世界で普及、公平な税負担に有効
複数税率への対応

――軽減税率実施に伴って、事業者の納税事務負担が増える点については。

橘木 標準税率10%と軽減税率8%に分けた納税事務が必要になり、事業者の負担は重くなるが、その負担を和らげるため、最初の4年間は、現行方式を基にした「簡素な経理方式」など経過措置が盛り込まれている。負担軽減策として配慮されていると言えよう。

引き上げから4年後に導入されるインボイス(適格請求書)制度は複数税率の納税事務に対応可能で、公平な徴税ができるメリットが大きいことを強調したい。

そもそも、消費税は売り上げから仕入れを控除した部分(付加価値)に課税するもので、多重課税を防ぐため、仕入れ時に払っている消費税を控除できる仕組みだ。事業者が品目ごとに消費税率を記載するインボイスの導入で、事業者間の取り引きが明確になり、各事業者が公平に消費税を負担することになる。国に納めるべき消費税が事業者の手元に残る益税を防ぐこともできる。

――今後、取り組むべき課題は。

橘木 日本で、インボイス制度を定着させる必要がある。本格的に導入されるまで、国は徹底してサポートしてほしい。欧州連合(EU)では、食料品で言えば、加盟28カ国中、23カ国が軽減税率を導入している(18年1月現在)。EUでは、広くインボイスが普及しており、「世界標準」の制度と言えよう。日本だけが導入できないという論理は通用しない。





所属議員を選択してください。

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京 台東区 江東区 墨田区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 清瀬市 東久留米市 西東京市 東村山市 小平市 武蔵野市 八王子市 立川市 三鷹市 府中市 昭島市 調布市 町田市 小金井市 日野市 国分寺市 国立市 狛江市 東大和市 武蔵村山市 多摩市 稲城市 青梅市 福生市 羽村市 あきる野市 瑞穂町 日の出町 桧原村 奥多摩町 大島町 八丈町 利島村 新島村 神津島村 三宅村 御蔵島村 青ヶ島村 小笠原村 都議会 国会

議員検索

東京都本部所属の公明党議員を検索できます(国会議員、都議会議員、市区町村議員)




プライバシーポリシー

公明党は、利用者の皆さまが公明党ウェブサイトを安心してご利用いただけるよう、個人情報の取り扱いに関するガイドラインを設けました。

公明党ウェブサイトでは、投稿フォームなどを通じて、利用者の皆さまから同意をいただいた上で個人情報を登録していただくことがあります。
これらの情報はいずれも、利用者の皆さまのご本人確認や公明党としての政治活動への反映を目的とするほか、公明党ウェブサイトのサービスをより良くするためのアンケート、各種お知らせなどの発信をさせていただくこともございますが、登録された情報を党外の第三者に開示、提供するものではありません。
公明党は登録していただいた個人情報を細心の注意をもって管理しています。

・個人情報の取り扱いについて
利用者の本人確認、連絡などに必要な個人情報

書籍、新聞等の各種申し込み
ご意見・ご要望の投稿
ダウンロードサービスの利用
サイト内の投稿企画への投稿
公明党ウェブサイト内の上記サービスをご利用になる際に、氏名やメールアドレスなどの個人情報を登録していただくことがあります。これらの個人情報は、本人確認やメール配信、あるいはサービスの向上を目的とする情報です。

書籍、新聞等の各種申し込み
公明党ウェブサイトでは、書籍や公明新聞、講演会等の各種申込を受付けています。その際に個人情報の提供をお願いすることがあります。入力された情報は、申し込み者を特定したり、当選・受賞を連絡したりするために用いられます。

投書、投稿
寄せられるご意見の多くは、ご利用者の声を公明党ウェブサイトだけでなく、政治活動、党活動、新聞紙面にも反映させるために、公明党所属議員、公明党本部関係部局、公明新聞関係各部局などにも転送されます。公明党ウェブサイトでは、ご意見や、記事転載・リンク等のお申し込みをいただく際は、氏名や住所などを明記していただくことを原則としています。これは、事実関係などについてご本人に確認する必要があるほか、投書の内容について責任を持っていただくためです。

これらの実名情報は、公明党の担当部門が投書内容の確認などをするときに利用させていただきます。実名情報は、それぞれの担当部門が責任をもって管理し、党外に出すことはありません。

なお、公明党ウェブサイト内の個別のページで募集し、掲載されることを前提として個別のページあてに寄せられたメールや投稿は、それぞれのページに掲載され、読者の目に触れることがあります。こうした投稿の掲載により公開された個人情報については、公明党の管理からは離れることになります。

ユーザー属性の扱いについて

公明党ウェブサイトの多くのページは、住所、氏名、年齢、職業などの個人情報の登録を必要とせず、自由に閲覧できます。公明党ウェブサイトでは、ご利用者の方に無断で、ご利用者の電子メールアドレスや個人を特定できる情報を収集することはありません。さらに、個人情報提供者の同意なしに個人データそのものを党外の第三者に提供したりすることはありません。

ただし、公明党ウェブサイトおよびサーバーに対する悪質な攻撃を受けた場合は、アクセス状況を追跡して、その個人を特定いたします。


・セキュリティについて
ご利用者の個人情報については、ご利用者の個人情報保護およびセキュリティのため、データ伝送を保護する上で業界標準のSSL暗号技術を使用しています。

・個人情報保護の考え方の改訂について
今後、公明党は個人情報保護の考え方の全部、または一部を改訂することがあります。
個人情報の取り扱いについて
公明党のウェブサイトにおける個人情報保護の考え方について、ご質問やご意見がございましたら、こちらまでお問い合わせください。


ご利用規約

・著作権について

記事、写真、表、グラフなど、公明党ホームページで提供されるコンテンツの一部または全部を、著作権法第30条に規定する「私的使用」以外の目的で複製することはできません。またコンテンツの一部、または全部を著作権者の許諾を得ずに複製のうえ、社内のLANなどで配信することも違法行為となります。


・免責事項

公明党は、このホームページへのアクセスにおいては、パソコン上の各種エラーやコンピュータ・ウィルス汚染の危険がないこと等について、何らの保証も負うものではありません。また、このホームページへアクセスしたこと、もしくはアクセスできなかったこと等を理由として生じるいかなる損害についても何らの責任もお引き受けいたしかねます。

公明党は、このホームページへリンクしている第三者のウェブサイトまたはこのホームページがリンクを設けている第三者のウェブサイトの内容については、責任を負うものではありません。また、第三者のウェブサイトのご利用にあたっては、各ウェブサイトのご利用条件に従って行なってください。


・リンクの許諾、リンクサイト

公明党のホームページへのリンクを希望する方は、公明党本部までご一報いただければ幸いです。公明党ホームページで公開する情報の信頼性が害される恐れがあると公明党が判断した場合は、リンクをお断りすることもあります。


・禁止事項

本ホームページのご利用に際し、次の行為をしてはならないものとします。

第三者もしくは公明党の財産もしくはプライバシー等を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
第三者もしくは公明党に、不利益もしくは損害を与える行為、またはその恐れのある行為。
公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為。
犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはその恐れのある行為。
他人の電子メールアドレスを登録する等、虚偽の申告、届出を行なう行為。
営業活動もしくは営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。
第三者もしくは公明党の名誉もしくは信用を毀損する行為。
コンピュータ・ウィルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはその恐れのある行為。
その他、法律、法令もしくは条例に違反する行為、またはその恐れのある行為。
その他、公明党が不適切と判断する行為。


・情報の取り扱い

公明党は、このホームページを通じ、利用者の秘密情報や財産的価値のある情報を頂戴することは遠慮させて頂いております。利用者は公明党に対してこれらの情報をお送りにならないよう、お願い致します。

公明党は、利用者がこのウェブサイトを通じ公明党にお送りになった上記の情報を秘密として保持する義務を一切負いません。


・ご利用条件の考え方の改訂について


今後、公明党はご利用条件の考え方の全部、または一部を改訂することがあります。

・準拠法、管轄裁判所

この合意は日本法に準拠します。このサイトまたは合意内容に関しての紛争は、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。

■公明党東京都本部 役員一覧■

2018.10.10現在
/index.php?action_TopIndexPC=true&page=3&a=11059&p=
代表 高木 陽介
代表代行 高木 美智代
  中嶋 義雄
副代表 竹谷 とし子
  岡本 三成
  長橋  桂一
  東村 邦浩
  松葉 多美子
幹事長 小磯  善彦
幹事会会長 藤井 一
幹事会会長代理 上野 和彦
幹事長代理 橘  正剛
  谷村 孝彦
副幹事長 高倉 良生
  中山 信行
  栗林 のり子
  伊藤  興一



■公明党東京都本部 役員一覧■

代表高木 陽介
代表代行高木 美智代
代表代行中嶋 義雄
副代表竹谷 とし子
副代表岡本 三成
副代表長橋  桂一
副代表東村 邦浩
副代表松葉 多美子
幹事長小磯  善彦
幹事会会長藤井 一
幹事会会長代理上野 和彦
幹事長代理橘  正剛
幹事長代理谷村 孝彦
副幹事長高倉 良生
副幹事長栗林 のり子
副幹事長伊藤  興一



東京公明についてのご案内

東京公明は、党員の皆様が公明党や所属議員の活動などについての【正確な情報】をお伝えすると共に、日常の活動を楽しく、活発に行って頂く為の情報ツールとして運営しております。


公明党のウェブサイトにおける個人情報保護の考え方について、ご質問やご意見がございましたら、こちらまでお問い合わせください。


ネット党員登録のご案内
すでに党員登録をお済の方で、ネット党員登録手続きを行って頂きますと、専用コンテンツ(情報)が閲覧出来たり、情報の投稿が可能になります。

登録は簡単!
是非、ご登録をお願い致します。

お役立ちリンク

お役立ちリンク


Copyright(C) 2013 tokyokomei. All Rights Reserved.
ページの先頭へ